2012/12/10

第12弾PJレポートと収支報告(東松島市、石巻市、女川町)

いつも渋谷組二輪会の支援活動をご支援いただきありがとうございます。
レポート作成が大変遅くなりました。

みなさんのおかげで11月23日~24日で第12弾PJを開催することが出来ました。
あたたかいご支援、ご声援ありがとうございました。
そしてPJに参加して頂いた実動部隊のみなさんお疲れ様でした。

第12弾PJに参加して頂いたメンバーは
横尾さん、中野さん、宮嶋さん、初参加の吉田さん、玉井

仙台からは毎回参加の木村さん、久しぶりの登場の今野さん、
スペシャルゲストは巴那ちゃんのピアノの先生だった久我先生、
石垣クリニックの石垣先生にもお手伝いしして頂きました。

第12弾PJ概要はこちらです。
http://shibuya-family.blogspot.jp/2012/11/12112324.html

それでは2日間の活動レポートです。



11月23日(金)
7月に開催した第10弾PJに続き2度目の訪問となる東松島市矢本仮設住宅。
今回は東地区自治会長の小野さんをはじめ東地区自治会のみなさんに
お手伝いして頂き大変スムーズに開催出来ました。

そして今回もたくさんの支援品を頂きました。

愛媛県の渡辺さんからは40kgのミカンを仮設のみなさんへ。
みなさん美味しいと言ってとても喜んでくれました。
渡辺さん、ありがとうございました。



当ブログではおなじみのチームDEARSのMizukiさんたちからは手作りの髪飾りとお菓子の詰合せを50個ほど☆彡
あたたかい手書きのメッセージ付きです。
いつもご支援ありがとうございます。

東日本大震災支援「チームDEARS」管理人 藤村せりかさんのブログ
http://ameblo.jp/ychachamaruf/

チームDEARS三重県支部の湖貴さんのブログ
http://ameblo.jp/kizuato-hitotsu/



渋谷組メンバー中野さんのお友だちで『ハーレー80クラブ』のmasakoppyさんからは男性用の新品肌着を計78枚とタオル数十枚を頂きました。
masakoppyさん、あたたかいご支援ありがとうございます。
みなさんとても喜んでおられました。



子どもたちは開始時間を待ちきれず早くもパチンコゲームで大はしゃぎです
\(^o^)/



開始早々に焼きそば屋さんは長蛇の列(^^ゞ
石垣先生と今野くんの腕が鳴ります(笑)
とても美味しいと評判でした!



パチンコゲームは大当たりが連発で子どもたちもご満悦(笑)


小学6年生の女の子2人は最初から最後までパチンコゲームの
お手伝いをしてくれました。
進んでお手伝いしますと申し出てくれた、とても可愛い良い子たちでした(^^♪



焼きそばの売上金19,600円は自治会長の小野さんへお渡ししました(^^)v


矢本運動公園仮設住宅での活動を終え自治会のみなさんと記念撮影。
自治会役員のみなさん、お手伝いありがとうございました。
矢本仮設のみなさん、また楽しく遊びましょうね(^^)/



矢本仮設での活動が予定より早く終わったため東松島市内の
老人ホーム『いずみの郷』でパチンコゲームを開催。
石垣クリニックの石垣先生のご縁で今年5月に開催した第9弾PJでは
こちらにいらっしゃる数名の方がパステルアート教室に参加してくれました。

第9弾PJレポート


突然の訪問にもかかわらずみなさんにとても喜んで頂きパチンコゲームは
大当たりの連発でした!(^^)!


最後にホームのみなさんがお礼に歌を歌ってくれました。
みなさん、またお会いできるのを楽しみにしてますね。
ありがとうございました\(^o^)/
こうして初日は無事に終了しました。



11月24日(土)
2日目は7月にようやく出来上がった巴那ちゃんと堅登くんのお墓参りに。
静かで見晴らしが良い場所で巴那ちゃんたちは静かに眠っていました。
ここでは2人ともママにしっかりと抱かれていました。
巴那ちゃんはやっとママのところへ帰ってくることが出来ました。


巴那ちゃんはまだ見つかってませんが天国ではきっと楽しく過ごしていることとと思います。

鈴木巴那ちゃんは震災時大川小学校に通う小学4年生でした。
未だに行方不明です。
当時小学6年生だったお兄ちゃんの堅登くんも津波の犠牲になりました。
3.11から2年目を迎えた今年の春以降は捜索予算も削減される中、
巴那ちゃんのママたちをはじめ大川小遺族会は懸命の捜索活動を続けています。

話しは少しそれますが今年のお盆過ぎに巴那ちゃんママから
『ひまわりのおか』という絵本を頂きました。
絵本の内容は大川小学校でお子さんを亡くされたお母さん方のお話しです。
鈴木巴那ちゃんとお兄ちゃんの堅登くんのお話しもあります。
巻末のお母さんたちからの手紙は悲しすぎていまだに読めていません。
売上金の一部は4名の大川小行方不明児童の捜索費用のほか、
震災復興にも充てられます。
Amazonでも簡単に購入できますので是非ご一読頂ければと思います。






午後からは大川小学校での献花と焼香して女川町へ。
旧大川小ではこの日もたくさんのお花がとお線香が。
この9月にはある方の善意で慰霊塔も新たに建立されたそうです。


若干数のお菓子袋が余っていたので昨年も訪問したことがある女川町内の小さな仮設住宅でお菓子袋の配布を行いました。




次の写真は女川町地域医療センターからの様子です。
ここには昨年の8月以来の訪問ですがご覧の様に復興という言葉は
まだまだ先の話しです。



これまで被災地でたくさんの方に話しを聞きましたがまだまだ復興というには
程遠く厳しいお話しばかり伺います。

また昨年4月から活動を続けていて今回の活動で初めて震災孤児となった
少女と出会いました。
両親とお祖父さんを亡くして現在はお祖母さんと一緒に仮設住宅で暮らして
いるそうです。

礼儀正しく元気で明るい少女の表情からは深い悲しみを微塵も感じさせず
強く明るく健気に生きる少女の姿に、我々一同はこれからも被災地の
子どもたちに笑顔を届けるべく活動を継続しなければとの思いを
強くするのでありました。

東京に住み日々平和な暮らしをしている我々はすでに3.11の出来事を過去の出来事として忘れてしまいがちですが、被災地の現状はとても厳しく復興への道のりも決して易しいものではありません。

このブログを読んで頂いているみなさんの中でまだ被災地に足を運んだことのない方は観光でも何でも構いません。
どうか足を運んで頂きご自分の目で足で被災地をご覧下さい。
復興とは程遠い厳しい状況をすぐに理解して頂けるはずです。
どうか被災地のことを忘れないでください。
お願いします。


今回もみなさんからのあたたかいご支援、ご協力で2日間の活動を
無事に終えることが出来ました。
本当にありがとうございます。

掲載しきれない写真はいつもの通りYouTube動画でまとめていますので、
こちらも是非ご覧ください。
YouTubeの文字をクリックすると大きな画面に切り替えて見ることが出来ます。

   


facebookからもご覧いただけます。



■収支報告
今回は10月17日の支援金受付の終了後の11月19日に『ヤマキ トオル』さん
から5,000円、11月28日に『チーム・エーテル』さんから5,000円の支援金入金があり、一時支援金が不足したため私玉井が11月14日に8,967円を追加支援。
合計収入は181,050円となりました。
あたたかいご支援を頂きありがとうございました。

出金の内容はパチンコゲーム用のお菓子袋大、小と焼きそば、焼きそば用食材一式等の購入です。
次回への繰越金は1,761円 となりました。
繰越金は12月23日開催の第13弾プロジェクトで使用させて頂きます。


★口座取引明細  10月1日から12月11日まで
    お菓子袋、焼きそば食材請求書





★第12弾PJ収支報告書




以上、第12弾PJレポートと収支報告でした。


次回の第13弾プロジェクトは12月23日(日)に石巻市立大川小学校で児童と
ご家族を対象にパステルアート教室とパチンコゲームを開催します。
プロジェクト概要は改めて当ブログでご案内致します。



渋谷組二輪会
管理人
玉井 一由

0 件のコメント:

コメントを投稿