2019/08/29

渋谷組二輪会 第35弾プロジェクト活動レポートと収支報告(2019年8月24日~25日)

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
2011年4月の第1弾プロジェクト活動当初より顔の見える直接支援、支援対象を子どもたちを中心として、『子どもたちを笑顔にしよう!』をスローガンに継続的に活動してきた渋谷組二輪会。
丸8年にも及ぶみなさんからのあたたかいご支援、ご協力に改めて感謝致します。

今回は石巻の広渕保育所と須江地区の舘ふれあいセンターの2ヵ所を訪問し活動しました。


それでは2日間の活動レポートです。
初日8月24日(土)は昨年11月の第33弾PJで初訪問した石巻市 広渕保育所でミニ縁日を開催しました

2018年11月開催の第33弾PJ活動レポート


広渕保育所で毎年開催される地区の子ども祭りの日程を我々の訪問に合わせて頂き、
保育所の先生方と子どもたちと賑やかにミニ縁日を開催することが出来ました。

ミニ縁日の準備が整い、私からのご挨拶のあと、園児たちが手作りの神輿を担ぎ園庭の中央へ。
その後可愛いらしい園児たちが盆踊りを披露してくれて、いよいよ楽しいミニ縁日の始まりです。


開始早々からパチンコゲーム、おもちゃの金魚すくいやかき氷屋さんには長蛇の列が。
熊本の支援活動でしか使用しなかったミニパチンコゲーム機も投入して、メンバー全員でフル稼働。



園庭では園児たちが手作りのお面を販売し、大声で呼び込みをしていました。



この日は最初からパチンコゲームの大当りが連発して、園庭中に大歓声が上がりました。




どこへ行っても大人気のパチンコゲームは列が途切れることなく子どもたちが楽しそうに遊んでいました。
おもちゃの金魚すくいは3張り出したプールの周りに子どもたちがびっしり。
最後の1つまで楽しそうにすくっていました。
1,500個ほど用意したすくいおもちゃはすべて無くなり、中には何十個もすくう子どももいて毎回驚かされます。


ミニ縁日も中盤戦に入り、大当りを出す子どもたちをカメラで追い切れなくなってきました。



かき氷屋さんも終始フル稼働。
石巻でも今年から登場したラムネ味のかき氷が人気でした。


最後は子どもたちのピースサインのオンパレードです。




あっという間に1時間半が経ち午後3時。
楽しいミニ縁日の終了です。
最後は保育所のみなさんと恒例の記念撮影です。


今回は広渕保育所、広渕小学校の子どもたちがたくさん来てくれて、石巻では久しぶりにたくさんの子どもたちと遊ぶことが出来ました。
いつも連絡や準備をお手伝い頂いている元開成第11団地仮設の伊藤さん、保育所のみなさん、今回もご協力ありがとうございました。

保育所での活動を終え大川小学校慰霊碑に向かいました。
今回は初参加のメンバーが2人いたので献花と焼香後は、いつもより時間をかけ震災遺構となる旧大川小学校を見て回りました。
ボランティアの方たちが育ててくれた『大川小』の花文字が綺麗でした。
こうして初日の活動は無事に終了しました。




2日目の8月25日(日)は石巻市須江地区の舘ふれあいセンターでミニ縁日を開催しました。
この初訪問の須江地区は石巻市以外の地域から移転されて来た方が多くお住まいの地区です。
今年4月の第34弾PJで復興住宅二子団地へ訪問した際に、自治会の方から宮城県地方振興事務所のコミュニティ支援員の佐々木さんを紹介され今回の初訪問に至りました。
須江地区は南三陸から移転されて来た方が多く、新しい一般住宅地区ということもあり我々のような支援活動団体の手が届かない地区でもあり、今回我々の訪問を大変喜んでくれました。


手早くミニ縁日開始の準備を済ませ、ミニ縁日の遊び方の説明をして須江地区で初めての楽しいミニ縁日の始まりです。


開始時間早々は子どもたち来場も少なく心配しましたが、時間が経つにつれ来場する子どもたちが増え、長閑な地区の会場は活気にあふれました。
みんな初めて目にする特大パチンコゲームに大歓声を上げて楽しく遊んでくれました。


ここでもおもちゃの金魚すくいは大盛況。
2張り出したプールのまわりにはたくさんの子どもたちが。
かき氷屋さんもフル稼働。
須江地区の子どもたちに美味しいかき氷をたくさん食べてもらいました。


パチンコゲーム大当りの子どもたちにカメラを向けると、みんな最高の笑顔で応えてくれました。
どの子の笑顔も可愛いですね。



大当りが出るまで何度も何度もパチンコゲームに挑戦する子ども。
金魚すくいのポイが破れても懸命にすくおうとあきらめない子ども。
みんな一生懸命遊んでくれました。


須江地区の子どもたちの笑顔。
みんな行儀がよく礼儀正しくて良い子たちばかりでした。




ミニ縁日も中盤に差し掛かりましたが、どの子どもも飽きずにずっと遊んでくれていました。


勝利のVサインです。




そろそろミニ縁日終了の正午に近づきましたが会場は益々大盛況。



初訪問の須江地区での活動はあっという間に終わりました。
みんなが楽しく遊んでくれてメンバー全員元気をもらうことが出来ました。

最後は宮城県コミュニティ支援員の佐々木さんと一緒に記念撮影です。
佐々木さん、今回は荷物の受入、ふれあいセンターでの準備、ミニ縁日の参加等、諸々お手伝い頂きありがとうございました。
また須江地区で開催出来るよう頑張ります。


こうして2日間の活動を無事に終了することが出来ました。
東北で35回目となる今回も、後方支援のメンバーをはじめ多くのみなさんからのあたたかいご支援を頂きました。
いつもご協力本当にありがとうございます。

2011年4月の第1弾プロジェクトから顔の見える直接支援、子どもたちを笑顔に!
をスローガンに支援活動を継続してきた渋谷組二輪会。
引き続きあたたかいご支援、ご協力をよろしくお願いします。



【 収 支 報 告 】収入の部
7月20日~21日に開催した熊本地震支援活動 第5弾PJからの繰越金が108,601円。
今回みなさんからの支援金入金が215,000円。

合計323,601円の収入となりました。


いつもあたたかいご支援を頂きありがとうございます。



支出の部

パチンコゲーム用お菓子袋、102円を360袋、268円を200袋と送料1,120円、使用ポイント▲992円(992p)で90,448円。
かき氷用シロップ5本、氷カップ250個で6,000円。

パチンコゲーム用景品おもちゃ一式を114,585円。
かき氷用角氷で7,200円
レジ袋300枚で1,488円。

支出合計は220,369円で次回への繰越金は103,232円となりました。
繰越金は次回11月23日~24日に開催予定の東日本大震災支援活動 第36弾PJで使用させて頂きます。

◆収支報告書


◆支援金受入口座の入出金明細

 ◆支援品購入の領収書、納品書

お菓子袋

かき氷用シロップ、カップ

 景品用おもちゃ一式

かき氷用角氷、レジ袋


以上、2019年8月24日~25日で活動した渋谷組二輪会 第35弾プロジェクトの活動レポートと収支報告でした。

次回の活動は2019年11月23日~24日に東北の地で渋谷組二輪会 第36弾プロジェクトを開催する予定です。
引き続きあたたかいご支援ご協力をどうぞよろしくお願いします。

渋谷組二輪会
管理人
玉井 一由

2019/08/05

渋谷組二輪会 第35弾プロジェクトのお知らせ。

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
2011年4月の東日本大震災支援活動以来9年目に突入した渋谷組二輪会の支援活動。
東北で34回、熊本で5回と支援活動を継続してきました。
今回は東北で35回目となる活動を8月24日(土)~25日(日)の2日間で行います。



《支援活動概要》 8月24日(土)~25日(日)の2日間で石巻市内の保育所と今回初訪問の石巻市須江地区集会所を訪問、未就学児童、近隣小学校の在校児童を対象にミニ縁日を開催します。 参加ご希望の方大歓迎です! 奮ってご参加ください! ◆訪問予定先 ★8月24日(土) 13時30分から15時00分まで 石巻市 広渕保育所 園庭でミニ縁日を開催。
広渕小学校への告知もして在校児童も多数来場予定。 対象児童数 約300名 所在地 宮城県石巻市広渕字新泉沢351-1



★8月24日(日) 10時30分から12時00分まで 石巻市 舘ふれあいセンターでミニ縁日を開催。
近隣の石巻市立 須江保育所、石巻市立 須江小学校への告知もします。
対象児童数 約300名 所在地 石巻市須江字大平31-1



なお、支援活動参加者の交通費及び宿泊費、食事代は毎回同様、各自負担です。 支援金の受付は下記の通りです。 今回は訪問先の子どもの人数が多いため、ゲームの景品やおもちゃ、かき氷用品などを購入する支援金がいつも以上に必要となります。 みなさんにおきましてはどうぞあたたかいご支援をよろしくお願いします。 収支報告書及び銀行口座明細、購入明細はイベント終了後に当ブログでご報告します。 ◆震災支援活動用支援金受入口座 (ネットバンキングのため団体名義ですと毎月3,000円の口座維持手数料がかかるため個人名義です。) 三井住友銀行(0009) 深川支店(804) 普通預金 3921804 口座名義 玉井 一由(タマイ カズヨシ) 以上、渋谷組二輪会 熊本地震支援活動第5弾プロジェクトのお知らせでした。 今回もみなさんからのあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いします。 渋谷組二輪会 管理人 玉井 一由

2019/07/24

渋谷組二輪会 熊本地震支援活動 第5弾プロジェクト活動レポートと収支報告(2019年7月20日~21日)

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
2011年4月の第1弾プロジェクト活動当初より顔の見える直接支援、支援対象を子どもたちを中心として、『子どもたちを笑顔にしよう!』をスローガンに継続的に活動してきた渋谷組二輪会。
丸8年にも及ぶみなさんからのあたたかいご支援、ご協力に改めて感謝致します。

2016年5月の第1回活動から5回目を迎えた今回も、みなさんからあたたかいご支援を頂き
熊本市内の2ヶ所の小学校で活動をすることが出来ました。
ありがとうございます。

また、昨年に続き日本競輪選手会熊本支部の選手の方たち、砂取おやじの会のみなさんにミニ縁日のお手伝いをして頂きました。
雨の中ご参加頂きありがとうございました。

2018年7月開催の熊本地震支援活動 第4弾PJ活動レポート
http://shibuya-family.blogspot.com/2018/07/

それでは2日間の活動レポートです。
初日7月20日(土)は今回で2回目の訪問となる熊本市立 砂取小学校でミニ縁日を開催しました



砂取小学校では小学校に通うお子さんを持つお父さんたちの有志メンバーで結成された『砂取おやじの会』のみなさん方に荷物の受け入れ、ミニ縁日をお手伝い頂きました。
今回もご参加頂きありがとうございました。

台風5号の接近に伴う悪天候で東京からの飛行機が引き返す可能性もあった中で無事に熊本入り出来、昼過ぎからミニ縁日会場の準備を開始しました。
開始前からたくさんの子どもたちが集まりだし、パチンコゲームの練習をしたり各自楽しみながら待ってもらいました。


準備も整い、お待ちかねのミニ縁日の開始です。
みんな元気いっぱいに遊び始めました。



パチンコゲーム、おもちゃの金魚すくい、かき氷屋さんすべてに大行列が出来てあちこちで大歓声が上がっていました。

パチンコゲーム大当りでは子どもたちの笑い声がたくさん!
勝利のVサインです。



時間が経っても長蛇の列は途切れず最後までメンバー全員が大忙しでした。


会場のテント内は延々とパチンコゲームで盛り上がる子どもたちの笑い声でいっぱいでした。
大当りの笑顔がいっぱいです。






楽しいミニ縁日もそろそろ終わりの時間になりました。
おもちゃの金魚すくいは最後の最後まで子どもたちが遊び、2,000個以上のすくい物はすべてなくなりました。
かき氷を食べていた女の子たちに話しかけると、舌がこんなになったよーと青くなった舌を見せてくれました。
ブルーハワイのかき氷は美味しかったかな?




こうして大盛況のうちに砂取小学校での活動を終了し、最後は砂取おやじの会、熊本競輪のみなさんと恒例の記念撮影です。



今回は途中から雨が強く降るなどありましたが、無事に初日の活動を終了することが出来ました。
砂取おやじの会、熊本競輪のみなさん、雨の中のご参加どうもありがとうございました。


2日目の7月21日(日)は熊本市立 健軍東小学校でミニ縁日を開催しました。
健軍東小学校への訪問は2016年5月、7月、2017年7月、2018年7月に続き今回で5回目になり、大半の子どもたちは何回も参加していてくれて今回も我々の訪問を楽しみに待ってくれていました。


この日は朝から雨が降ったり止んだりの生憎の天気。
テントを3張と校舎の渡り廊下を会場として使用することになり設営に取りかかりました。
開始前には子どもたちが集まりだして、パチンコゲームの試し打ちで遊んだりしていました。


さあ、いよいよ開始時間になりました。
校長先生の掛け声で子どもたちを会場に集めて、パチンコゲームや金魚すくいのルール説明をしてミニ縁日のスタートです。
開始早々にはどの出し物にも長蛇の列が出来てメンバー全員がフル稼働でした。



毎回元気の良い健軍東小の子どもたち。
今回は子どもたちの人数が多く人手が足りず、いつもは全体を見渡しながら写真を撮っている私も、今回は各所でミニ縁日の補助をしていたため、なかなかカメラを持っての活動が出来ませんでした。
大勢の子どもたちがパチンコゲームで大当りが出ていましたが、今回はごく一部の子どもたちしか撮れませんでした。
ごめんなさい。





終了時間前にはパチンコゲーム、おもちゃの金魚すくいは景品がすべて無くなり終了。
かき氷屋さんには最後まで長蛇の列が出来てフル稼働でした。


そして健軍東小での活動も予定時間に終了し、最後は校長先生、教頭先生と一緒に記念撮影です。


こうして2日間の活動を予定通り無事に終了することが出来ました。

第5回目となる今回の熊本支援活動も、たくさんのみなさんからあたたかいご支援を頂きました。
いつもありがとうございます。

今回も初日は砂取おやじの会のみなさん、健軍東小学校の塚本校長ほか教員のみなさん、
2日間に渡りお手伝い頂いた熊本競輪選手会の選手会のみなさんのご協力を頂き、支援活動を行うことが出来ました。
改めて御礼申し上げます。

2日間の活動を通して300名以上の熊本の子どもたちに出会えました。
今回も
我々渋谷組二輪会の活動趣旨である、
『我が子の笑顔を見れば親も笑顔に。親の笑顔を見れば子どもはもっと笑顔に』
を実践出来たのかと思います。
2011年4月の第1弾プロジェクトから顔の見える直接支援、子どもたちを笑顔に!
をスローガンに支援活動を継続してきた渋谷組二輪会。
引き続きあたたかいご支援、ご協力をよろしくお願いします。


【 収 支 報 告 】収入の部
4月20日~21日に開催した東日本大震災 第34弾PJからの繰越金が5,288円。
今回みなさんからの支援金入金が505,000円。

合計510,288円の収入となりました。


いつもあたたかいご支援を頂きありがとうございます。



支出の部

パチンコゲーム用お菓子袋、102円を400袋、268円を220袋と送料1,280円、使用ポイント▲502円(502p)で100,538円。
レジ袋500枚で4,001円。
かき氷用シロップ24本、ストロー1,000本、氷カップ700個で22,660円。

パチンコゲーム用景品おもちゃ一式を166,351円。

ミニ縁日機材搬送費(厚木-熊本)往復で60,000円。
かき氷用 角氷計12袋で7,920円。
金魚すくいおもちゃ追加分で10,240円。
レンタカー代7月20日、21日の2日間で27,729円。
ガソリン代1,600円

支出合計は401,687円で次回への繰越金は108,601円となりました。
繰越金は次回8月24日~25日に開催予定の東日本大震災支援活動 第35弾PJで使用させて頂きます。

◆収支報告書


◆支援金受入口座の入出金明細




◆支援品購入の領収書、納品書

お菓子袋

かき氷用シロップ、カップ


レジ袋

景品用おもちゃ一式



かき氷用氷代


縁日機材輸送費、レンタカー代、ガソリン代、追加おもちゃ代




以上、2019年7月20日~21日で活動した渋谷組二輪会 熊本地震支援活動 第5弾プロジェクトの活動レポートと収支報告でした。

次回の活動は2019年8
月24日~25日に宮城県で渋谷組二輪会 第34弾プロジェクトを開催する予定です。
引き続きあたたかいご支援ご協力をどうぞよろしくお願いします。

渋谷組二輪会
管理人
玉井 一由