2017/08/09

渋谷組二輪会 東日本大震災支援活動 第29弾プロジェクトのお知らせ。

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
先月開催した熊本地震支援活動 第3弾PJでは多くのみなさんからご支援を頂き、大盛況のうちに活動を終了することが出来ました。
改めてお礼申し上げます。


今回で第29回目となる東日本大震災支援活動は、9月2日(土)〜3日(日)に宮城県東松島市と福島県いわき市で、ちょっと遅い夏祭りを開催します。





それではイベント内容です。
まだまだ暑い日が続く晩夏に美味しいかき氷屋さん、毎回大好評のパチンコゲーム、オモチャの金魚すくいで宮城と福島の子どもたちに遊んでもらいます。

◆訪問先
★9月2日(土)
14時00分から15時30分まで
東松島市 市営あおい住宅 おあい一丁目公園(西集会場)にてミニ縁日を開催。
所在地 宮城県東松島市あおい一丁目

★9月3日(日)
14時00分から15時30分まで
いわき市 豊間団地集会所
所在地 福島県いわき市豊間字榎町202-2

旧大川小学校への献花・焼香は9月2日(土)のミニ縁日開催前(8月18日訂正)に行います。

支援活動参加者の交通費及び宿泊費、食事代はいつもどおり各自負担となります。

支援金、支援品の受付は下記のとおりです。
毎回食材やゲームの景品等を購入する支援金が必要です。
みなさんにおきましてはどうぞあたたかいご支援をよろしくお願いします。

いつもと同様、収支報告書及び銀行口座明細、購入品明細・領収書はイベント終了後にブログでご報告します。

■渋谷組二輪会 震災支援活動用支援金受入口座
(ネットバンキングのため団体名義ですと毎月3,000円の口座維持手数料がかかるため個人名義です)
三井住友銀行(0009)
深川支店(804)
普通預金 3921804
口座名義 玉井一由(タマイ カズヨシ)

■支援品送付先
パチンコゲーム景品用のお菓子袋がいつも不足気味です。
ご支援どうぞよろしくお願いします。
〒102-0073
東京都千代田区九段北3-2-6
リード東京ビル3F
(株)クラージュ
玉井一由宛
TEL 03-3556-8390

渋谷組二輪会ブログ
http://shibuya-family.blogspot.jp/

以上、渋谷組二輪会 第29弾プロジェクトのお知らせでした。
今回もみなさんからのあたたかいご支援をお待ちしてます。

渋谷組二輪会
管理人
玉井 一由

※写真は昨年8月に東松島市といわき市で開催した第26弾PJの様子です。

2017/07/27

渋谷組二輪会 熊本地震支援活動 第3弾PJ 活動レポートと収支報告(2017年7月22日~23日)

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
このたびの九州地方の大雨災害で被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回もみなさんからのあたたかいご支援を頂き、熊本県西原村と熊本市で昨年の7月以来3回目の活動をすることが出来ました。

そして2011年4月から開始した渋谷組二輪会 支援活動への支援金合計が、今回で8,986,280円にもなりました。
東北支援が28回、熊本支援が3回の計31回の活動回数です。
毎回みなさんからのあたたかいご支援をいただき、本当にありがとうございます。

また、昨年7月の活動に続き今回も、熊本競輪の松尾支部長をはじめ現役選手の方たちにお手伝いをして頂きました。
酷暑の中での2日間の活動ありがとうございました。

2016年7月の熊本地震支援活動 第2弾PJ活動レポート
http://shibuya-family.blogspot.jp/2016/07/2pj-201671617.html

2016年5月の熊本地震支援活動 第1弾PJ活動レポート
http://shibuya-family.blogspot.jp/2016/05/

活動レポートの前にみなさんにお知らせすることがあります。
昨年5月の第1弾PJの際には熊本県出身の、東京・南青山 『寿司屋のくま川』の大将・河野義則さんにご協力いただき、西原村や南阿蘇村、熊本市内の避難所を訪問することが出来ました。
昨年7月に開催した第2弾PJでは実働部隊として2日間熊本の子どもたちと楽しく活動をしてくれました。
50代前半の私が30代半ばの頃からいつも美味しい寿司を食べさせてもらった、本当に長いお付き合いでした。
また、昨年の渋谷組二輪会の新年会では大将の大盤振る舞いで、メンバーみんなが美味しく楽しい時間を過ごさせて頂きました。
昨年7月の活動を終え東京に戻ってきた直後に病が見つかり、大変残念なことに去る5月17日に闘病の末他界されました。
今回は最後まで故郷を想い続け、熊本の復興を願っていた河野さんの遺志とともに熊本での活動をしてきました。
河野さんのご冥福を心よりお祈りいたします。






それでは2日間の活動レポートです。

初日7月22日(土)は昨年11月に完成し現在約300世帯が暮らす、熊本県西原村小森仮設団地でミニ縁日を開催しました。



この日の西原村は曇り空でも33℃を超える酷暑。
開催中には豪雨となり集会所内に避難する場面もありましたが、元気いっぱい楽しく遊んできました。




仮設団地内の子どもたちは30~40名と少ない人数でしたが、かき氷を食べながらパチンコゲームや金魚すくいに夢中で遊んでました。
パチンコゲーム大当りも連発で会場は子どもたちの笑顔で一杯になりました。




開始直後は来場者が少なく心配しましたが、小一時間後には賑やかになりました。




当たったおもちゃで早速遊ぶ子どもたち。


後半は豪雨に遭い会場を集会所内に移しましたが、みんな楽しく遊んでくれました。
子どもたちが楽しんでくれて我々も笑顔と元気をもらいました。


みんないい笑顔ですね。
仮設暮らしは大変だけど、みんな頑張れ!


西原村の子どもたちと楽しい時間を過ごし、最後は恒例の記念撮影です。


こうして無事に初日の活動を終えることが出来ました。

縁日機材、大量の景品用おもちゃ、お菓子袋の受け取りや告知用ポスター貼り、各住戸へのビラ配布など、西原村地域支え合いセンターの方たちにご協力いただきました。
ご協力どうもありがとうございました。


2日目、7月23日(日)は熊本市東区の健軍東小学校へ訪問しました。


この日も朝からの猛暑。昨年の5月、7月に続き今回で3回目の訪問となる健軍東小では、学校だよりや保護者へのメールでミニ縁日の告知をして頂き、開始時間の30分以上前から校門前には開始を待つ子どもたちで長蛇の列でした。



大量の景品おもちゃを綺麗に並べて準備完了の渋谷組女子軍団。
紹介が遅れましたが今回は東京からと大分から2名の女性が助っ人参戦してくれました。


手早く縁日の準備を終えて10時30分ちょうどにミニ縁日の開始です。
開始とともにかき氷、3台のパチンコゲーム、4張の金魚すくいには大行列が出来ました!




前日の西原村でののんびりと楽しい時間とは激変し、各メンバーが大汗をかきながらフル稼働で動きます。
パチンコゲームの大当りも開始直後から連発し、私ひとりではとても撮り切れないほど子どもたちの笑顔がたくさんでした。



いつまでも途切れることなく続く行列。
昨年の7月とは明らかに子どもの人数が違います。
校長先生が仰ってましたが軽く250名以上はいたのでしょうか。
縁日会場となった体育館前の広場には、終始子どもたちの歓声と笑顔があふれていました。



なかなか大当りが出なかった子どもたちも、何度もチャレンジしていました。
健軍東小の元気いっぱいな子どもたちの笑顔です!




終了予定時刻の12時を過ぎても会場は子どもたちの歓声が響き渡ります。
ようやくひと息ついて木陰で休憩する熊本競輪の4選手と渋谷組メンバー。


12時過ぎには隣接する東町中学校野球部の部員たちが、かき氷を食べに遊びに来てくれました。
東町中の香山校長先生と一緒にかき氷をもらったからと礼儀正しく挨拶をしてくれました。


2日目のミニ縁日も大盛況のうちに無事に終了しました。
最後は子どもたちと一緒に健軍東小の西村校長先生、東町中の香山校長先生と記念撮影です。


こうして2日間の活動を予定通り無事に終了することが出来ました。


今回もみなさんからあたたかいご支援をたくさん頂きました。
いつも本当にありがとうございます。


そして今回も訪問先との調整にご尽力頂いた熊本市立東町中学校の香山校長先生。

西原村地域支え合いセンターのみなさん、健軍
東小学校の西村校長先生、塚本教頭先生。
大変お世話になりました。

暑い中での活動でしたが子どもたちに大変喜んでもらえる活動が出来ました。
ありがとうございました。

この春で退職された西原村山西小学校元校長の工藤先生からは、お疲れ会にみなさんで飲んで下さいと焼酎の差し入れを頂きました。


そして今回もお手伝い頂いた熊本競輪の松尾支部長をはじめとする選手の方たちに感謝です。
みなさんのお手伝いのおかげで、たくさんの子どもたちの笑顔を見ることが出来ました。
酷暑のなかで2日間に渡る活動にご参加頂きありがとうございました。



今回の活動を通して出会えた子どもたちの人数は約300名。

楽しそうに遊ぶ子どもたちを見て、保護者の方たちからも『わざわざ遠くからありがとう』と笑顔で言われ、我々渋谷組二輪会の活動趣旨である『我が子の笑顔を見れば親も笑顔に。親の笑顔を見れば子どもはもっと笑顔に』を実践出来たと思います。

発災から1年3ヶ月が経過した熊本ですが、西原村の仮設団地は昨年11月に出来上がったばかり。

健軍東小の体育館の工事は我々が訪問する前日からようやく始まったばかりと、まだまだ復興への道のりが始まったばかり。

明るく元気な子どもたちの未来のためにも、1日も早い復興をお祈りいたします。



■収支報告


収入の部

4月8日~9日に開催した東日本大震災 第28弾PJからの繰越金が23,798円。
今回みなさんからの支援金入金が410,000円。

合計433,798円の収入となりました。


いつもあたたかいご支援を頂きありがとうございます。



支出の部

パチンコゲーム用お菓子袋、326円を200袋、112円を400袋と送料1,280円、使用ポイント▲419円(419p)で110,861円。
かき氷用シロップ8本、氷カップ700個で11,128円。

パチンコゲーム用景品おもちゃ一式を191,190円。

ミニ縁日機材搬送費(厚木-熊本)往復で60,000円。
かき氷用 角氷計22袋で14,520円。
ゴミ袋、レジ袋他で2,506円。
レンタカー代7月22日、23日の2日間で27,788円。

支出合計は418,641円で次回への繰越金は15,157円となりました。

繰越金は次回9月2日~3日に開催予定の東日本大震災支援活動 第29弾PJで使用させて頂きます。


◆収支報告書




◆支援金受入口座の入出金明細



◆支援品購入の領収書、納品書






以上、2017年7月22日~23日で活動した熊本地震支援活動 第3弾プロジェクトの活動レポートと収支報告でした。


次回は活動の地を再び東北に戻し、9
月2日~3日に渋谷組二輪会 第29プロジェクトを開催予定です。

9月2日(土)は宮城県東松島市あおい復興団地で、3日は福島県いわき市豊間復興団地でミニ縁日を開催予定です。


今後とも渋谷組二輪会の支援活動にご支援、ご協力を頂きます様お願いします。


渋谷組二輪会

管理人
玉井 一由

2017/06/27

渋谷組二輪会 熊本地震 支援活動 第3弾プロジェクトのお知らせ。

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。 7月22日(土)~23日(日)の2日間で昨年7月以来となる熊本地震支援活動の第3弾プロジェクトを開催します。


2016年7月開催の熊本地震支援活動 第2弾プロジェクト活動レポートと収支報告 http://shibuya-family.blogspot.jp/2016/07/2pj-201671617.html イベント内容は毎回お馴染のパチンコゲーム、おもちゃの金魚すくいなどで遊んでもらいます。 夏場なので毎回大好評のかき氷屋さんも今年初登場です。 《支援活動概要》 7月22日~23日の2日間で熊本県西原村の仮設住宅、熊本市内の小学校を訪問、子どもたちを対象にミニ縁日を開催します。 今回訪問予定の仮設住宅は約300世帯、熊本市内の小学校は児童数が400名以上と多く、現在渋谷組二輪会関係者だけでは人手が足りません。 参加ご希望の方も大歓迎です! 奮ってご参加ください! 但し、現地までの交通費、宿泊費及び食事代は参加者各自の自己負担となりますのでご了承下さい。 ◆訪問予定先 ★7月22日(土) 14時00分から15時30分まで 西原村小森仮設団地 C棟集会所にてミニ縁日を開催。 対象児童数 約70名 所在地 熊本県阿蘇郡西原村小森3166
★7月23日(日) 10時30分から12時00分まで 熊本市立 健軍東小学校 体育館前にてミニ縁日を開催。 こちらでは隣接する東町中学校の生徒も来場予定です。 対象児童・生徒数 約450名 所在地 熊本市東区東町4-15-2
なお、支援活動参加者の交通費及び宿泊費、食事代は毎回同様、各自負担です。 支援金の受付は下記の通りです。 (今回は飛行機での移動のため支援品の受付は行いません) 今回は訪問先の子どもの人数が多いため、ゲームの景品やおもちゃ、かき氷用品などを購入する支援金がいつも以上に必要となります。 みなさんにおきましてはどうぞあたたかいご支援をよろしくお願いします。 毎回同様、収支報告書及び銀行口座明細、購入明細はイベント終了後に当ブログでご報告します。 ◆震災支援活動用支援金受入口座 (ネットバンキングのため団体名義ですと毎月3,000円の口座維持手数料がかかるため個人名義) 三井住友銀行(0009) 深川支店(804) 普通預金 3921804 口座名義 玉井 一由(タマイ カズヨシ) 以上、渋谷組二輪会 熊本地震支援活動第3弾PJのお知らせでした。 今回もみなさんからのあたたかいご支援をお待ちしてます。 渋谷組二輪会 管理人 玉井 一由

2017/04/14

渋谷組二輪会 第28弾プロジェクト 活動レポートと収支報告(2017年4月8日~9日)

いつも渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援を頂きありがとうございます。
2011年4月から活動を開始し今回で7年目を迎えた渋谷組二輪会の支援活動。
ここまで長く活動出来たのもみなさんのあたたかいご支援とご協力のおかげです。
改めてお礼を申し上げます。


2017年最初の活動は2ヶ所の仮設住宅と老人ホームを訪問し、たくさんの子どもたちの笑顔と出会うことが出来ました。

まずは頂いた支援品です。

札幌市の米のさくら屋 藤川社長からは牛丼炊き出し用にと北海道産 ななつぼしを40kg頂きました。
仮設住宅のみなさんも美味しい美味しいと、とても喜んでくれました。
藤川社長、たくさんの美味しいお米をありがとうございます。

米のさくら屋ホームページ
http://yumepirika.com/




それでは2日間の活動レポートです。

初日4月8日(土)は出発時から生憎の雨模様。
2014年11月以来、2年5ヶ月ぶりの訪問となる宮城県石巻市の仮設三反走団地でミニ縁日を開催しました。

2014年11月 第20弾PJ活動レポート
http://shibuya-family.blogspot.jp/2014/11/20.html



時折小雨が降る天候でしたがなんとか屋外で開催することが出来、開始時間前にはたくさんの方たちに集まっていただきました。




毎回大人気のパチンコゲーム。
開始早々、大当たりが連発。

大人も子どもも笑顔がたくさんです。


炊き出しの牛丼には早々から長蛇の列が。
自治会の方たちにもお手伝い頂き、渋谷組メンバーが大忙しで仕込みます。



そしていつも人気のオモチャの金魚すくい。
子どもたちが袋に入りきらないくらいのオモチャをすくって大喜びでした。



パチンコゲームも更に歓声があがり、みんな楽しそうに遊んでくれました。



なかなか大当りが出なかった子どもたちも、やっと大当りが出て満面の笑顔です。


いつものことながら楽しい時間はあっという間に過ぎます。
予定通りミニ縁日を終了し参加メンバー全員で恒例の記念撮影です。

今回は参加メンバーの女性が宮城県出身ということもあり、県内在住の彼女のお姉さんが助っ人で参加してくれました。
介護職の経験があるそうで動作がテキパキと機敏、強力な助っ人の登場に我々も大助かりでした。


撤収作業終了後、自治会のみなさんが美味しい牡蠣汁を作ってくださり、全員でいただくことに。
大粒の牡蠣がごろごろ入っていて、とても美味しかったです。


こうして三反走仮設の自治会のみなさんに牛丼炊き出しのお手伝いを頂き、盛況のうちに活動を終了することが出来ました。
三反走仮設自治会のみなさん、ありがとうございました。

三反走仮設でのミニ縁日を終え、献花と焼香のため大川小学校旧校舎の慰霊碑に向かいました。
先月、3月11日の七回忌に訪問したばかりですが、何度訪れても胸が締め付けられる思いがする場所です。





このブログですでに何度も書いていますが、あの日全校児童108名のうち74名(行方不明4名)もの小さな命がここで失われました。
そして当時小学4年生だった鈴木巴那(はな)ちゃんは、6年が経った今でも行方不明のままです。
先月末には大川小津波訴訟の2審も始まり、ご遺族の方たちの心の平安は未だに訪れません。
ご遺族方の闘いの日々はまだまだ続いています。

我々には何もしてあげることは出来ませんが、これからもご遺族の方たちに寄り添い続けたいと思います。


大川小学校での献花と焼香を終えこの日2ヶ所目の訪問先、東松島市老人ホーム『いずみの郷』へ向かいました。

東松島市には17時に到着。
早速、いずみの郷のみなさんに食べていただく、銀座 鮨 きよ本特製の寿司丼を盛付けます。

寿司丼に使用した本鮪は今回も築地 樋長さんからのご支援です。
いつもあたたかいご支援ありがとうございます。

築地 樋長さんのホームページ
http://hicho.co.jp/index2.html



おすしが大好きなホームのみなさん。
毎回我々が訪問するのを心待ちにしていてくれるそうです。
そしてお待ちかねの鮪漬け・穴子・いくらの特製三色寿司丼の完成です。
みなさん美味しそうに食べて頂きました。



みなさん楽しく食事の時間をとって頂き、お別れの時間です。
いずみの郷のみなさんには最後まで手を振って見送ってもらいました。
またお会いするまでどうぞお元気でいて下さい。



いずみの郷での活動を終了し初日の活動を無事に終了しました。


2日目は昨年4月以来の石巻市開成第11団地での活動です。
こちらにお住いの方たちの半数は、既に市内の復興団地・住宅に移転された方がいるそうですが、ミニ縁日の開催を知り駆け付けてくれた方たちがたくさんいらっしゃいました。

自治会のみなさんにお手伝い頂き開始準備をして、予定通り12時からのミニ縁日のスタートです。


2日目の石巻も朝から生憎の雨。
牛丼の炊き出しは集会所内で仕込みをして、屋根のある住戸前でみなさん配ることになりました。
雨が降ってもなんのその。
子どもたちは金魚すくいにパチンコゲームに夢中です。


炊き出しの牛丼もご飯の炊き上げが間に合わないほどの勢いでなくなり、雨の中みなさんには長い時間お待たせしてしまいました。
牛丼は200食以上作りましたが、あっという間に無くなってしまいました。


集会所玄関先で開始したパチンコゲームは既に大当りが連発。
楽しそうな歓声が上がっていました。


大当りが出て大喜びする子どもたちが可愛らしかったです。



たくさんの子どもたちに楽しく遊んでもらい、開成第11団地での活動も無事に終了です。

撤収作業を終えた後は集会所内で自治会のみなさんと一緒に、牛丼ならぬ牛うどんをいただきました。
出汁がよく出ていてとても美味しいうどんに仕上がっていました。

開成第11団地の自治会のみなさん、雨の中でのお手伝いありがとうございました。
夏以降は復興団地・住宅へ移転されるということでしたので、次回はそちらへお邪魔したいと思います。


最後はメンバー全員で記念撮影。



今回は初参加のメンバーが4名いましたが、みんな手際良く作業をしてもらい無事に2日間の活動を終了することが出来ました。

参加メンバーのみなさん、雨の中お疲れさまでした。


こうして2日間の日程を無事に終了することが出来ました。
今回も多くのみなさんからあたたかいご支援をいただきました。
ありがとうございました。

3.11から7年目を迎えた今回は長い仮設住宅暮らしの方たちの暮らす石巻の仮設住宅2か所を訪問しました。

2011年4月の第1弾プロジェクトから顔の見える直接支援、子どもたちを笑顔に!
をスローガンに支援活動を継続してきた渋谷組二輪会。

東北の復興への道のりはまだまだです。
これからもみなさんのあたたかいご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします。


■収支報告

収入の部
2016年11月19日~20日に開催した第27弾プロジェクトからの繰越金が28,366円。
今回みなさんからの支援金入金が190,000円。

合計218,366円の収入となりました。

いつもあたたかいご支援を頂きありがとうございます。


支出の部
パチンコゲーム用お菓子袋、326円を80袋、102円を160袋と送料1,120円、ポイント使用▲461円で43,059円。
牛丼・寿司丼用容器、割り箸で10,278円。

パチンコゲーム用景品おもちゃ一式を購入して43,059円。
牛丼・寿司丼用の食材が69,455円。
仮設住宅2ヶ所分のお茶500mlケース24入を10ケースづつ購入して14,090円x2で28,180円。
支出合計は194,568円で次回への繰越金は23,798円となりました。
繰越金は次回7月15日~16日に開催する第29弾プロジェクトで使用させて頂きます。


◆収支報告書


◆支援金受入口座の入出金明細




◆支援品購入の領収書、納品書







以上、2017年4月8日~9日で活動した渋谷組二輪会 第28弾プロジェクトの活動レポートと収支報告でした。

次回は2017年7月15日~16日に東北でミニ縁日を開催予定です。

引き続き渋谷組二輪会の支援活動にあたたかいご支援・ご協力を頂きますようお願いします。

渋谷組二輪会
管理人
玉井 一由