2011/06/30

第三弾プロジェクトについて。

mixi東日本大震災支援@渋谷組二輪会コミュより転載


早いもので明日から7月です。
月末に予定している第3弾プロジェクトの概略のご相談と
みなさんからのご意見を伺えればと思います。

第2弾プロジェクトレポート
http://shibuya-family.blogspot.com/2011/06/blog-post_14.html


日程は7月30日(土)~31日(日)か翌週8月6日(土)~7日(日)のいずれか、
一泊二日で現地での活動を予定しております。

前回は初めて避難所、仮設住宅にも足を運び子どもたちにおもちゃや絵本を手渡す事が出来ました。
その際には『おじちゃんたちは必ずまた来るからね』と約束をした子どもたちもいました。
同じ子どもたちと回数を重ね会う事で少しでも彼らの心の傷が癒えれば良いとも思ってます。

そこで第3弾プロジェクトも気仙沼に行って子どもたちの笑顔を見たいと思いますが、
みなさん如何でしょうか?

訪問先は前回同様、気仙沼小、中学校避難所(避難所については来月末までには子どもの人数がかなり減っていると思われます)と気仙沼中学校、市民グラウンドの仮設住宅にしたいと思ってます。

また、第1弾プロジェクトから支援を頂いているyokoGさんからご紹介頂いた、
気仙沼市在住のジェレ.B.BADさん(私のマイミクさんになってます)のご協力も頂き、
気仙沼市の面瀬(おもせ)、階上(はしかみ)地区の仮設住宅にいる子どもたちにも物資を届けたいとも思ってます。

第3弾プロジェクトの概略をこの様な形でご承認頂けましたら、
またご意見も承れれば幸いです。


■募金と支援物資について
募金、支援物資につきましては前回同様、集まった募金で子どもたちに大変喜ばれたゲーム機やお菓子を購入。
ゲーム機は前回訪問していない面瀬、階上地区へ。
絵本や児童書、お菓子の支援物資も募集したいと思います。

具体的な物資の募集についてはイベントを立ててから告知したいと思いますが、今回はご協力頂けるみなさんにお菓子袋(300円~500円程度の詰合せを一人10袋)を作って頂き現地に届けたいと思います。
この様なイメージで↓



■実働部隊
前回のプロジェクトで感じたのは、むさ苦しいおじさんが子どもたちやママさんの相手をするよりも、
女性メンバーも実働部隊として現地に同行して頂いた方が、子どもたちやママさんとのコミュニケーションが取り易いと感じました。
そこで私の友人数名に声をかけたところ喜んで協力したいと申し出てくれましたので、今回は女性メンバー数人にもお手伝い頂くことになると思います。

前回の実働部隊は3名と少数でしたので今回はより多くのみなさんに実働部隊として参加して頂けます様お願い申し上げます。

以上、少々長くなりましたが第3弾プロジェクトの概略案です。

是非みなさんのご意見と実働部隊としての参加表明を頂けます様、
また引き続き支援活動にご協力頂けるようお願い致します。

ご意見、参加表明がある程度出た段階で当コミュにてイベントを立てたいと思います。

渋谷組二輪会 管理人
玉井 一由

0 件のコメント:

コメントを投稿